忍者ブログ

なにかあるかも?

趣味のこと、世の中のこと、ネットのことなど、いろいろ思うことを綴ります。

entry_top_w.png
世の中いろんな人がいるもので、現状の既成品に満足できず、何かしらの手を加える人がいます。

私の知り合いのオーディオお仲間にも、100万円を超えるSPに魔改造を施す御仁がいらっしゃいます。
「だったら自作しちゃえば?」という声も聞こえてきそうですが、かく言う私もその口だったりします。

魔改造を施す理由として、現状でも満足できるが、まだポテンシャルを秘めていそうだから引き出してやろうという事が第1の理由でしょう。
他にも自作をするスキルがない、そのデザインに惚れ込んでいる、実験等があると思います。

私がこれまでに行ってきた魔改造の中で、一番大掛かりなものといえば「SL-1200MK5」のアーム交換です。



上の画像がまさにそれですが、純正アームから「Victor UA-7045」に載せ替えました。
このトーンアームはオーディオ評論家の長岡鉄男氏が評価したアームとして有名です。
なんでも性能はいいんだけど、安すぎて売れなかったらしいです。

UA-7045に交換することによって対応できるカートリッジの幅も広がりました。

海外では「SL-1200」シリーズのアーム交換は結構盛んなようで、SMEやortofon、FR、SAEC、JELCO、Dynavectorなどのハイエンドアームに交換して楽しんでいるユーザーもいるほどです。


で、ここからが本題なのですが、トーンアームを交換する上でまず確認しないといけないことがあり、それが「有効長」と呼ばれる値です。

この有効長とは一般的に「トーンアームの中心軸からターンテーブルの回転軸の中心間の距離」を指すもので、UA-7045で言うと230mmになります。

更に「トーンアームの中心軸から針先までの距離」を「実効長」と呼び、実効長から有効長を引いた値がオーバーハング値になります。

UA-7045の場合、ターンテーブルのスピンドル中心から230mmのところにアームを設置するための大穴を開けるわけですが、SL-1200シリーズの有効長、実効長の考え方はちょっと違います。

以前純正アームの有効長と実行長を調べようとスケールを当ててみたのですが、アームとスピンドルの中心軸間の距離・有効長が215mmしかありません。逆にアームの中心軸から針先までの距離・実効長は230mmありました。

と、ここでおかしいことに気づきます。
「SL-1200MK5」の説明書には有効長:230mmとあります。
本来の考え方に当てはめると、「SL-1200MK5」では有効長:215mm、実効長:230mmでないと辻褄が合いません。

このことをメーカーに問い合わせてみると、SL-1200は基本設計が1970年代初頭で、この頃は有効長、実効長の考え方がまだ統一されておらず、現在の有効長、実効長の表記が逆になっていることがあるらしいのです。
SL-1200はまさにこれに当てはまるようで、現在の考え方とは逆の考え方らしいのです。

ちなみに現在のような考え方になったのは1980年代頃だそうで、表記が統一されてもなおSL-1200シリーズは古い表記を使用していたというわけです。


初代SL-1200以外はアーム交換は色々と難しい部分もありますが、出来上がると見た目の変化はもちろん、音の変化も楽しめますので、興味のある方はトライしてみて下さい。

SMEなどの超高感度アームを使ってハイコンプライアンスカートリッジに特化させたり、ortofonのアームを付けてSPUを堂々と鳴らしてみたり、色々夢が広がりますw

本格的な改造が難しい場合は「JELCO」からSL-1200をツインアームにするユニットと専用アームが販売されてますから、それを使っても良いと思います。

いずれにせよ最新のGAEやGには負けてられませんから、これからもいじれるところはいじっていこうと思います(ぉ)


ps.初代SL-1200にはアームレス仕様の「SL-120」があったそうで、今回のGAEやGにもアームレス仕様があったら真っ先に飛びついたんですが・・・。次機に期待ですね!w

拍手[0回]

PR
entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
前回の更新から2ヶ月ですか・・・(汗)
MINECRAFTもバージョンが「1.10.2」まで上がっているわけですが、私は職場が変わったことくらいしか大きなことはないですね(ぇ)

でも「SL-1200GAE」がとうとう発売されましたね。
モーターの改善、トーンアームの材質変更と感度up、筐体にも仕様変更があるなど色々な変化が見られる「SL-1200」ですが、試聴記がなかなか見つからないので反応はわかりません。

そして当然のように「転売ヤー」が湧いてきました。
ヤフオクを見れば販売価格より2~3万円上乗せする出品者や、定価を超える50万で出品しているバカもいます。

こういった限定品が転売ヤーの標的になるのは当たり前の世の中になっていますが、あと2ヶ月少々待てばいつでも入手可能な状態になるわけですし、わざわざ「今」買うことはないと思います。

限定版が注文して買えた人は良かったね!、欲しかった人はもうちょっと待ちましょう、で良いと思いますけど・・・。日本人の悪いところですね(ぉ)

転売ヤーに上乗せ金を支払うより、ちょっと待ってその分のお金で新しいカートリッジを新調したほうが幸せになれるので、転売ヤーからの購入を考えている人は是非そうして下さい。

それに9月になれば他メーカーからアナログプレーヤーの発売が発表されるかもしれませんし・・・。


まぁいずれにせよ、今のところ私には関係のない出来事でした(爆)


ps.これまでアナログプレーヤーを復活させた国内有名メーカーは、Technics、SONY、TEAC、ONKYO、Pioneer、LUXMAN・・・。
あとはYAMAHAあたりが出してくれれば完璧ですね!

拍手[0回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
世間ではGW真っ最中ですが、私は若干凹み気味です(汗)
とりあえず凹んでてもしかたがないので、問題を先延ばしするとします(オイ)

で、気温も高くなってきて、まさにアナログに最適な気温になっていますが、静電気とのお付き合いは絶好調ですw

ターンテーブル上にディスクを置いて、audio-technicaの「AT6018」という静電気対策ができるというベルベット式クリーナーで盤面を撫でるのですが、いくら対策ができるとはいえ、100%ではありません。

オーディオアクセサリーの中では静電気対策ができるものがありますが、「オーディオ」という文言が付いていると急激に高価になります(汗)
中には全く効果の無いものがあるんですがら、恐ろしい世界ですね(ぉ)

そこで電子機器工場などで使われる静電気対策製品に目をつけました。
それが下の写真のものです。



一見モスグリーン色のただの紐ですが、これは「サンカットヤーン」というもので、静電気を除去してくれるものらしいです。
(ちなみに現在は「サンカットヤーンⅡ」に進化したようですw)

これを下のように取付けてみたところ、クリーナーで撫でてみても静電気の発生がほとんどありません。



現用機材の「SL-1200MK5」は筐体の上部が金属なので、サンカットヤーンの片方を筐体上に、もう片方を他の機材に触れさせます。

他にもターンテーブルに触れるか触れないかくらいの距離に近づけてみる、盤面上に直置きにするなど色々試しましたが、サンカットヤーンは十分に仕事をしてくれますw

値段も1m1000円以下で買えますので、もうちょっと購入してみようかと思います。


ps.ちなみにドアノブとかにサンカットヤーンを近づけると、あの嫌なバチッとショックを回避できるそうです。

拍手[1回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
前々から気になってましたが、自前の「SL-1200MK5」はターンテーブルを回転させない状態で針圧調整をしている時、「う~」という唸り音が出ていました。

私は「SHURE」のシーソー式針圧計を使っているので、機械的にプラッターと接触します。

そこで、試しにトランスを筐体外に移動させてみたところ、唸り音が見事に消え去りました。
詳細に関しては後々書こうと思いますが、トランスの唸りによるノイズがなくなったため、以前より見通しの良い音になった感じですw



で、今日のネタは常用するカートリッジについてです。

私の常用カートリッジ7本のうち4本はすでに生産が終了し、それでいてメーカー純正の交換針もありません。
代替針は存在するので最悪はそれを使えますが、「audio-technica」の「AT15Ea」に関しては代替針すらありません(汗)

というわけで純正交換針か代替交換針が存在して、それでいて交換針がリーズナブルという観点で見ていくと「Technics EPC-270C」になりましたw



このカートリッジの詳細は端折りますが、Technicsのアナログプレーヤーに搭載されていたことで有名な1品です。

ちなみに現用品にはNAGAOKAの楕円針をくっつけています。JICOにもラインナップがありますが、楕円針の証である赤いセンターラインが無いの却下です(ぉ)

まぁJICOの楕円針も使ったことがあるのですが、ハキハキしすぎてなんとなく微妙な感じがしました。
それで試したNAGAOKAの楕円針は見た目も音もバッチリな感じがしているので、使っていますw



音の方は特にこれといった特徴がないのが特徴ですw



上は坂本龍一の「Coda」というアルバムですが、「戦場のメリークリスマス」のピアノ版を聴いてみると弱音部でも曖昧にならないし、強音部でも破綻しません。
余韻は薄めですが、十分に聴きやすい音です。

ロックからはEAGLESの「HOTEL CALIFORNIA」をかけてみれば、思いの外悪く無いです。
ただ放課後ティータイム「NO,THANK YOU!」は悪くないのですが、澪の伸びやかな声が足りない感じがします。

EDMはジョルジオ・モロダーの「RIGHT HERE,RIGHT NOW」を聴いてみましたが、カイリー・ミノーグのヴォーカルもいい感じに出ていますw

かなり雑なジャンル選びで聴いてみましたが、ジャンルを選ぶ神経質さは無いので、常用カートリッジとしては最適な感じです。

ヤフーなオークションでも出品数は結構あるので、手頃に使いたいカートリッジがほしいなら検討してみるのも良いと思います。ただ、針交換前提の上でですねw


ps.何と、戦場のメリークリスマスのレコード再生動画があったので、載せてみます。
カートリッジがEPC-270ファミリー(EPC-440?)のようですが、AT10ファミリーにも見えるんだなぁ~。

拍手[0回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
かしらかしら、御存じかしら? あの「SL-1200GAE」、予約開始30分後に完売ですってよ?

まぁ!ホントですの?!

えぇ、お店によっては行列もできたらしいわよ!

物好きな方もいらっしゃるのね~。

ホントよね~。



このネタ、分かる人いますかね(ぉ)

と、「GAE」の30分完売はホントらしいですね。
どこぞのアイドルグループのライブチケット並みに高速完売ですw

http://www.phileweb.com/news/audio/201604/12/17124.html



で、ここからが本題ですw

私のアナログ盤の入手方法は新品と中古の半々なのですが、新品、中古盤問わず必ずクリーニングします。

これまでにレイカのバランスウォッシャーや、NAGAOKAのスプレー&ベルベットクリーナー、andio-technicaの湿式クリーナー、Ninonyno、ディスクユニオンの液体クリーナーなど色々試してきました。

ただバランスウォッシャーはコスト高、スプレー式は静電気の発生はないけど汚れが落ちているのかわからない(ぁ)、テクニカの湿式は汚れを取るというよりはホコリを取る感じがするなど、それぞれに欠点があります。
で、1液式のNinonyno、ディスクユニオンの洗浄液に目をつけたわけですが、これも万能ではありません。

私のクリーニング方法が悪いのか、クリーニングした後のディスクを再生すると、プチパチノイズが発生するのです。

液体を盤面に垂らしてワイパーで拭き取り、盤面が乾いたら完了という方法ですが、クリーニングする際にワイパーを強くこすれば静電気が発生します。
かと言って押し当てるように液体を吸い取るだけでは汚れが取れているか疑問です。
洗浄液によって軟化した汚れがワイパーを当てるだけでは取り切れず再付着する、さらには液体自体の残渣成分が盤面に付着する可能性もあると思うんです。

事実、洗浄液を盤面に垂らして自然乾燥させてみると、白い残渣物が確認できます。
ガラス窓に水拭きしたままの状態と同じ感じです。

それでこの状態でレコードを再生してみると、最初の頃はプチパチノイズが発生しますが、数回再生していくうちにこのノイズはなくなっていることがあります。
これは残渣成分がスタイラスチップによって剥ぎ取られているのではないかと推察できます。

となると、やはり液体を拭き取る際にはある程度の力を入れて盤面を拭きあげてやらないと何かしらの残渣物が出るということになると思います。



なにかいい案はないかと調べていると、「精製水」と「無水エタノール」を組み合わせたものが良いという記事が結構ありました。

精製水にエタノールを割ってクリーニング液にするらしいのですが、エタノールが少しでも入ることに疑問を感じた私は、とりあえず精製水のみでクリーニングしてみることにしました。



右が精製水ですが、精製水って安いんですね!
マ○モトキ○シで500ml入で94円で買えましたw

早速いらないレコード盤で片面をディスクユニオンで販売しているレコクリン、もう片面を精製水で試してみました。

レコクリンの方はいつもどおりですが、精製水の方はなにか違います。
レコクリンと同じ方法をとっているにもかかわらず、吹上げ後の静電気の発生がありません。
両者とも拭き上げ後はやはり白い残渣物が出てしまいますが、これも綺麗に拭き取って仕上げます。

早速クリーニング後のレコード盤を再生してみると、同じクリーニング方法をしているのにもかかわらず、精製水のほうがプチパチノイズが極小です! レコクリンの方は・・・でした(汗)
ちなみにこのレコード盤はクリーニング前の状態を確認したうえで比較しました。

ということは

「もう、精製水でいいや」

ですw

お値段も安いし、クリーニング性能にも問題なし!

ただ一つ難点を上げるとすれば、精製水は1週間程度で使いきらないと、雑菌やら何やらが繁殖しやすくなるという点です。
冷暗所で保管が絶対なので、一度で使い切れない場合は冷蔵庫などに密閉して保管しましょう。

なので、一度開栓したらクリーニング祭りの開催になりますw


まぁ、レコードクリーニングに関してはいろいろな意見がありますが、私は精製水で行きます!

次回は私流クリーニング方法をご紹介しましょうかね。


ps.ちなみに精製水は飲めるそうですが、私は今のところ試す予定はありませんw

拍手[0回]

entry_bottom_w.png
<< 前のページ   HOME   次のページ >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
plugin_top_w.png
今までのお客様
名様
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
プロフィール
管理人:
不知火もなれ
お知らせ:
お世話になります、不知火もなれでございますw
サウンドポリシーは「繊細でやわらかで、綺麗な高域」を求めつつ、自分で作れるものは自分で作るをモットーにオーディオやってます(ぉ)
また最近は作曲熱も復活しつつあるので、Singer Song Writer Lite 9で曲を作ってたりします。
さらにMINECRAFTでむらづくりに励んでいますので、その様子も報告できたらと思います。
以上簡単ですが、よろしくお願いいたします。
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
最新コメント
[04/21 不知火もなれ]
[04/21 ggy]
[04/21 不知火もなれ]
[04/20 ggy]
[09/05 不知火もなれ]
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
リンク

【BLADE-ARCHIVE】
 いつもお世話になっておりますw
【”いっき”のJAZZあれこれブログ】
 JAZZやアナログに関して多く掲載されています。

【Technics】
 奇蹟の復活を果たしたオーディオブランド。
【ELAC(本国)】
 高域の透明感が最強のスピーカー専業メーカー。
【YUKIMU】
 「ELAC」の国内取扱元。対応が親切な業者さん。
【LUXMAN】
 現用アンプのメーカー。どんな古い機種でも修理してくれる。
【YAMAHA】
 着実にオーディオ熱が復活しているメーカー。
【mogami】
 ズバッと物事が言える奇跡のケーブルメーカー!
【CANARE】
 プロフェッショナル御用達のケーブルメーカー。
【audio-technica】
 「VM型カートリッジ」の老舗。価格上昇が止まらない。
【SHURE】
 「MM型カートリッジ」の元祖。今はヘッドフォンも展開。
【ortofon】
 今でもたくさんのカートリッジを作っている老舗。HPの更新が遅い。


【のだや】
 よく行くオーディオショップ。

plugin_bottom_w.png
Copyright なにかあるかも? by 不知火もなれ All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]