忍者ブログ

なにかあるかも?

趣味のこと、世の中のこと、ネットのことなど、いろいろ思うことを綴ります。

entry_top_w.png
昨年9月に「Technics SL-1200G」を購入して半年ほど経過しましたが、今まで聴いてきたディスクやカートリッジから新しい表情が見えてきたり、追い込み不足が見えてきたり、楽しさと同時に難しさも感じています。

で、実は購入から2ヶ月ほど経過した頃、ちょっと気になることがありました。
それは周期的なノイズが乗るということです。

どんなノイズかというと、ターンテーブルが回っているときにシステムに耳を近づけると「コン、コン」という小さな音が聞こえるのです。
回転が停止していればその音は消えるのですが、特に78回転、45回転で顕著に現れます。

そこで電源ケーブルを抜いて挿し直し症状が改善するか試しましたが、効果なし。
プラッターが物理的にボディと接触しているのかと思い、手動で回してみましたがノイズは聞こえないので接触音ではない。
じゃあ何なんだということでネットで情報を探すも該当なし。

仕方がないのでメーカーに連絡すると「何かしらの異常があるかもしれない」とのことで、修理に出すこととなりました(汗)


修理に来るまで時間があったので、試しにプラッターを外して何かないかなと見ているときに気づいたことがあります。

それはプラッターとモーターを固定するネジの締め付けでノイズの現れ方に変化があるということです。

プラッターを取り付けて、なるべく均一なトルクになるよう再締結してみましたが、ノイズは小さくなっていました。



上の写真はそのネジなんですが、説明書を読む限りでは「締まっていれば良い」というニュアンスです。
職業柄、ネジの締結トルクの影響力は大きいということを認識してますので、修理に来たときに聞いてみようと思いました。


と、だいぶ長くなってきたので、今日はこの辺で終わりにしたいと思います。
次回はその後を書いてみようと思います。

拍手[0回]

PR
entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
前回の更新からだいぶ間が空いてますな・・・。
まぁ、個人的に色々あったと言い訳をしておいて久々に更新してみます(ぁ)

タイトルのとおりですが、使っている方をあまり見ないであろうカートリッジを購入してみました。



上の写真だけではあまり良くわかりませんね(汗)

購入したものはハイエンドターンテーブルで有名なドイツの「Clearaudio」社、「Concept MM V2」です。

https://www.yoshinotrading.jp/clearaudio-page/concept-mm-v2/

一応MM型なのですが、カンチレバーが本体と一体型となっているため、うっかりカンチレバーを折ろうものなら本体まるごと交換となってしまいます。



個人的意見ですが、カートリッジ、特にスタイラスモジュールが分離できるタイプのMM型はモジュールと本体にごく僅かなガタがあり、これが音に影響が出ると感じています。

実際にモジュールと本体をテープなどで固定すると、だいぶ印象が変わります。
NAGAOKAのMP-300やMP-500では本体とモジュールをねじで固定していたり、RegaのMM型では本体ではなく、スタイラスモジュールをヘッドシェルと固定させるという方式をとってガタを抑えています。
粘着力の弱いマスキングテープだと粘着痕もなく簡単にできますので、お試し程度にお試しくださいw



で、聴いてみた印象は全体的に明るめの音で、軽快に音楽を聴かせてくれます。
MM型でまれにある高域のきつさなどはあまりないので、うまくまとまった印象ですね。

一方で気になることと言えば低音がやや軽く、艶っぽさも薄い印象です。
スタイラスチップは接合針のためか、若干の粗さも感じられます。

そういった意味では好みが分かれるかもしれませんが、気張って音楽を聴くスタイルではなく、気軽に音楽を楽しむスタイルに向くと思います。

カンチレバーがむき出しなので扱いに神経を使いますが、低価格カートリッジからのアップグレードにはいい選択かもしれません。

最後に、このカートリッジはショップで購入したんですが、針先の写真が品物と一緒に取扱元から送られてきたそうです。
実際にその写真をもらいましたが、どうやらカートリッジの針先に関するトラブル防止のためらしいです。



こういったことは初めてだったのでちょっとびっくりしましたが、取扱元の保証がきっちりしているのかなと思った瞬間でした。


ps. 予定ですが、GWの連休前にもう1本カートリッジを購入予定です。
私のアナログの師匠も絶賛の一品なので、楽しみです。

拍手[0回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
Technics SL-1200G 導入しました。



発売がアナウンスされた頃は「SL-1200に33万?!」と斜に構えていましたが、今の職場に入り、ストレスで約10Kg痩せるほど頑張った(?)自分へのご褒美です(笑)

購入する前にはショップで試聴をして、果たして現用のMK5とどれくらいの差があるのかを確認してきました。
聴いてみれば「お、おぅ・・・。」と言わざるを得ない音、そして作りの良さが十分に感じられたため、購入を決断しました。

ショップへ引取に行き、自室でセッティング、試聴をしましたが、買ってよかったと思います。

今後は「SL-1200G」をメインにアナログを進めていこうと思います。


拍手[0回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
前回、「Concorde Century」について触れましたは、それから2ヶ月も経ってますか・・・(汗)

というわけで、エージングもそろそろいい感じだと思いますので、ちょっと真面目に聴いてみることにしました。
幸いなことに、「Concorde」シリーズの元祖「STD」が手元にありますので、聴き比べてみました。

まずは外観を見てみますか。



奥が「Century」で、手前が「STD」です。

Centuryはクロームメッキが施されていて、全身ピカピカなのに対し、STDは全身シルバーのマット塗装です。
Centuryのクロームメッキは見た目こそきれいなんですが、指紋が目立ちやすいのが難点で(汗) STDでは指紋が付こうがよほどの汚れでない限り目立ちませんw


見た目の印象はこれくらいにして、両者を聴き比べてみました。


まずConcordeの元祖・STDから聴いてみますが、その見た目からは想像できない太めで安定感のある音がします。
針先の摩耗の影響もあると思いますが、内周側ではちょっと歪んでしまいます。また高域の方向でやや丸い印象を受けますが、今の時代でも十分に通用する音かと思います。

一方で銀メッキワイヤー、ファイライン無垢針を搭載するConcorde Centuryは次元が違いました(汗)
レコード盤に針を置いた瞬間からノイズの少なさに驚き、演奏が始まるとMM型ではあまり聴けない高解像度な音が襲ってきて、今まで聴いてきたレコード盤から新しい情報を聴き取ることができましたw この辺は銀メッキ線とファインライン針の合わせ技といった感じでしょうか。
さらに内周側での歪も殆ど無い見事なトレース能力を持っているようで、いろいろと驚かせてくれました。
ただ不満点というかなんというか、気になる点としては全てにおいてきれいに聴こえてしまう節があります。
だからダメというわけではなく、私にとっては今までのアナログサウンドを異次元に誘ってくれる魅力的な1本です。

以上がConcorde CenturyとConcorde STDの試聴感想ですが、今思えば予約までして買ったオーディオ機器というのは、Cocorde Centuryが初めてな気がします。
ましてや世界1000本の限定版なんですから、持つ喜びというのも得られます。

ただMM型としては驚異的なお値段設定のせいなのか、まだ在庫を持っているショップがあるようです。
まぁ、MM型の進化を確認したい方はぜひともお試しくださいw


ps.実はこのConcorde Century、交換針が手に入りません(汗) オルトフォンジャパンやショップに確認をしてますが、いつ発売で、いくらになるという情報が一切出てこないそうです(汗)

拍手[0回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
今年の春頃、「Concordeの100周年記念モデルが出るぞ」というニュースが流れてからずっと気になっていた「Concorde Century」ですが、今月の初めに国内での発売日がやっとアナウンスされました(祝)

そしてそれを知った瞬間にショップへ電話し、予約をかけて無事購入することができました!(祝)



お値段は値引きなしの定価販売ということで、8万円超という、自分史上最高額のカートリッジになってしまいました(汗) まぁ、1000台限定で銀メッキ線とファインライン無垢針採用と考えれば当たり前といえば当たり前なのかもしれません(汗)

何度かブログでネタにしてますが、オリジナルの初代「Concorde STD」を所有してますので、次回あたりに比較でもしてみるとしましょう。

では今日はこれまで。


ps.カートリッジ本体は発売されましたが、交換針の発売が未定のようです。
一応本国サイトでは交換針の型番が明記されているので、近い内に発売されるのかもしれません。

拍手[0回]

entry_bottom_w.png
  HOME   次のページ >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
plugin_top_w.png
今までのお客様
名様
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
プロフィール
管理人:
不知火もなれ
お知らせ:
お世話になります、不知火もなれでございますw
サウンドポリシーは「繊細でやわらかで、綺麗な高域」を求めつつ、自分で作れるものは自分で作るをモットーにオーディオやってます(ぉ)
また最近は作曲熱も復活しつつあるので、Singer Song Writer Lite 9で曲を作ってたりします。
さらにMINECRAFTでむらづくりに励んでいますので、その様子も報告できたらと思います。
以上簡単ですが、よろしくお願いいたします。
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
最新コメント
[04/21 不知火もなれ]
[04/21 ggy]
[04/21 不知火もなれ]
[04/20 ggy]
[09/05 不知火もなれ]
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
リンク

【BLADE-ARCHIVE】
 いつもお世話になっておりますw
【”いっき”のJAZZあれこれブログ】
 JAZZやアナログに関して多く掲載されています。

【Technics】
 奇蹟の復活を果たしたオーディオブランド。
【ELAC(本国)】
 高域の透明感が最強のスピーカー専業メーカー。
【YUKIMU】
 「ELAC」の国内取扱元。対応が親切な業者さん。
【LUXMAN】
 現用アンプのメーカー。どんな古い機種でも修理してくれる。
【YAMAHA】
 着実にオーディオ熱が復活しているメーカー。
【mogami】
 ズバッと物事が言える奇跡のケーブルメーカー!
【CANARE】
 プロフェッショナル御用達のケーブルメーカー。
【audio-technica】
 「VM型カートリッジ」の老舗。価格上昇が止まらない。
【SHURE】
 「MM型カートリッジ」の元祖。今はヘッドフォンも展開。
【ortofon】
 今でもたくさんのカートリッジを作っている老舗。HPの更新が遅い。


【のだや】
 よく行くオーディオショップ。

plugin_bottom_w.png
Copyright なにかあるかも? by 不知火もなれ All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]