忍者ブログ

なにかあるかも?

趣味のこと、世の中のこと、ネットのことなど、いろいろ思うことを綴ります。

entry_top_w.png
毎日の仕事と家庭、その他色々とストレスを抱えることが多くなった今日この頃ですが、そういう時は何も考えられないほどエネルギッシュな音楽を浴びたくなります。

それが今回のテーマである「ヘヴィメタル」です(ぉ)

YouTubeで「初心者のためのヘヴィメタル講座」なる動画を見まして、その奥深さに興味を持ったわけです。



上の動画は「TWINTAIL」というバンドが公開している動画なんですが、これを教科書代わりにしていますw
結構わかりやすいと思うので、お暇でしたら御覧くださいw


で、色々試聴して「いい!」と思ったメタルのディスク何枚か購入したので、その一部を紹介してみたいと思います。

まずは日本のバンドから「人間椅子」の「無頼豊饒」です。
人間椅子はYouTubeで知った「宇宙からの色」から入ったのですが、和風テイストに重厚なサウンド、そして何よりヴィジュアルにインパクトがあるw 主にベースの鈴木さんの(ぁ)
どっしりとした重いサウンドは曲の持つイメージにぴったりです。

個人的に一番好きな曲は「なまはげ」という曲なんですが、タイトルの通り、秋田の「なまはげ」のことを歌ったものです。
歌詞やメロディはもちろん最高なのですが、曲間のギターが何よりかっこいい。
ギターなのに三味線の音色と勘違いしてしまいそうな演奏に驚きます。
ぜひ聴いてみてくださいw




次にアメリカのバンド「SLAYER」の「REPENTLESS」です。
このバンドは講座動画で取り挙げられていますが、とにかく激しく、早いですw
これぞヘヴィメタルって感じがしますね。気分を高めたい時に丁度いいです。

まだSLAYERは聴き始めですが、アルバムの中ではREPENTLESS」がかっこいいですね。
ただPVはかなりエグいことになっていますね(汗)
ご視聴の際は体調をしっかり整えて御覧ください。それくらいグロいです。




次はまた日本のバンドに戻りますが、「妖精帝國」の「PAX VESANIA」です。
妖精帝國は名前だけは聞いたことがあったのですが、曲を聴いたことはありませんでした(汗)
調べてみると以前はメタル路線ではなかったらしいですが、アニメやゲームのジャンルで活躍しているとのこと。もしかすると何かのアニメやゲームで知らないうちに聴いてたかもしれません。

そして何より興味深いのが、アニメ「少女革命ウテナ」の楽曲を手掛けた「J.A. シーザー」からの影響を受けているという点。
個人的にウテナは好きなアニメのひとつですし、劇中曲もかっこいい。リマスター盤のサントラセットはもちろん買いましたw

今回購入したアルバムの中で気に入っている曲は「Astoral Dogma」です。
ヴォーカルの可愛らしい声とタイトなリズムと独特の雰囲気が最高ですね!




そして最後は「MANOWAR」の「WARRIORS OF THE WORLD」です。
MANOWARは講座でも取り挙げられていますが、メタルバンドというより「メタル戦士」です。
曲を聞いてみると何となく分かると思いますw

そんなMANOWARですが、ベースのジョージ・ディマイオの名言がすごいです。
ネット上でまとめサイトなどありますので、見てみてください。

で、私が初めて聴いたMANOWARの曲がこのアルバムに収録されている「WARRIORS OF THE WORLD UNITED」です。

イントロのドラムからギターととベースが絡んでいき、戦いが始まります(ぉ)
途中雰囲気が一変し、そこからまた戦いが始まる展開など、物語性を感じさせます。

勇ましく音楽を奏でる戦士たちの勇姿をご覧あれ。




以上が最近購入したディスクの一部ですが、「ヘヴィメタル」といってもいろいろな種類があるのでなかなか奥深いジャンルだと思います。

これからもいろんなバンドの隠れた名曲を探していきたいですね。


ps. それにしてもMANOWARのギタリスト、逮捕されていたとは・・・(汗)

拍手[0回]

PR
entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
政府はいよいよ緊急事態宣言を出しましたね。
宣言を出すにも、国民への経済支援もクソな柵を設けたせいでその恩恵に預かれる人は多くないと思います。
更には各所から様々な批判もあり、対応の遅さ、内容の薄さが顕著化し強力なリーダーシップを発揮できないことが改めて立証されたと思います。
なんというか、国民をここまで蔑ろにする政権は本当に必要なのかと疑問を覚えつつ、ネタに行きます(ぉ)


前回は修理に出す前にプラッターとモーターの締結の程度でそれまで聞こえていた周期ノイズが軽減すると書きました。
しかし軽減はするものの、全くなくなるわけではありません。

そこで手持ちの「MK5」を引っ張り出して現象を確認しますが、やはり周期的に「コン、コン」というノイズが聞こえます。「MK5」ではそれ以前にトランスの唸り音がプラスされてますけど(汗)

新旧どちらも同じ音が出るということはプラッターの回転を維持するためにモーターが駆動している音なのではないかと思いました。
確かに電源を入れただけではその音はしませんし、プラッターを駆動させているときのみ聞こえるので、ほぼ間違いないでしょう。

メーカー修理は通常の工場ではなく、事業本部の方で徹底的に診てもらおうということになり、修理に出してから1ヶ月(!)、念の為モーターユニットが交換された状態で戻ってきました。

引取から事業本部とのやり取りを仲介してくれた担当さんと一緒に戻ってきた「G」の様子を確認しましたが、結局は治っていませんでした。


「仕様かな?」と思いつつ、まだ確認できることが有ると思い立ち、最終手段としてショップに持ち込んで私の機材とショップの常設機と比較してみました。
すると私の機材のほうが圧倒的に静かだったことが判明しました(汗)



結論:こりゃあ仕様ですね(大汗)



というのが私が経験した「SL-1200G」不調(?)問題です。

まぁ回転する機構を持つ機材なので、多少の駆動音はするはずです。
旧型機ではそれに加えてトランスの唸り音まで聞こえます。

それに比べれば圧倒的に静かになっている「SL-1200G」は今まで聴き取りにくかった音まで聴かせてくれます。

これからも末永く、私のメイン機として活躍してほしいです。


ps. 連休前にSPUを購入予定でしたが、武漢ウイルスの影響を考え予定延期です(泣)

拍手[0回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
昨年9月に「Technics SL-1200G」を購入して半年ほど経過しましたが、今まで聴いてきたディスクやカートリッジから新しい表情が見えてきたり、追い込み不足が見えてきたり、楽しさと同時に難しさも感じています。

で、実は購入から2ヶ月ほど経過した頃、ちょっと気になることがありました。
それは周期的なノイズが乗るということです。

どんなノイズかというと、ターンテーブルが回っているときにシステムに耳を近づけると「コン、コン」という小さな音が聞こえるのです。
回転が停止していればその音は消えるのですが、特に78回転、45回転で顕著に現れます。

そこで電源ケーブルを抜いて挿し直し症状が改善するか試しましたが、効果なし。
プラッターが物理的にボディと接触しているのかと思い、手動で回してみましたがノイズは聞こえないので接触音ではない。
じゃあ何なんだということでネットで情報を探すも該当なし。

仕方がないのでメーカーに連絡すると「何かしらの異常があるかもしれない」とのことで、修理に出すこととなりました(汗)


修理に来るまで時間があったので、試しにプラッターを外して何かないかなと見ているときに気づいたことがあります。

それはプラッターとモーターを固定するネジの締め付けでノイズの現れ方に変化があるということです。

プラッターを取り付けて、なるべく均一なトルクになるよう再締結してみましたが、ノイズは小さくなっていました。



上の写真はそのネジなんですが、説明書を読む限りでは「締まっていれば良い」というニュアンスです。
職業柄、ネジの締結トルクの影響力は大きいということを認識してますので、修理に来たときに聞いてみようと思いました。


と、だいぶ長くなってきたので、今日はこの辺で終わりにしたいと思います。
次回はその後を書いてみようと思います。

拍手[0回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
私は花粉症なので、この時期はマスク必須なのですが、未だに購入することができない状態に我慢がならない状態です。

聞くところによると、ドラッグストアの開店前に年寄りなどが並び、入荷したマスクを買い占めていくらしいです。
しかも同じ人物がそれを繰り返しているということなので、そりゃあ真面目に毎日働いている人たちに回ってくることはありません。

最近、家電メーカーのSHARPがマスクの生産を始めたとのことですが、本当に必要な人、毎日使う人に回ってくるようになってほしいです。
買い占めたって、どうせ使い切ることはないんだから、自分のやっていることの愚かさを自覚しろ、という感じでネタに行きます(ぉ)


私のPCは自分でパーツを選定して組んだ「自作PC」ですが、すでに組み上げてから8年近く経過するということもあり、組み換えを実施しました。

旧PCは「Intel Core i5 3550」を核としたものなので、これを最新世代の「Core i5」へアップグレード(?)させてみました。



使用パーツは上の写真のとおりですが、使用しているケースがMicro-ATXなのでマザーボードもケースのサイズに対応したものにしています。

CPU:Intel Core i5 9400F
マザーボード:MSI MPG Z390M GAMING EDGE AC
メモリ;CFD W4U3200CX1-16G
M.2 SSD:Intel 760P

電源や光学ドライブ、データ用HDDとケースは流用しますが、他のパーツはすべて新規購入です。

電源:CORSAIR RM650x
光学ドライブ:Pioneer BDR-XS07B-UHD
ビデオカード:MSI GEFORCE GTX 980 GAMING 4G
ケース:IN WIN 301C


まずはマザーボードを取り出し、CPUとM.2 SSDを取り付けますが、やはりCPUを取り付けるときは緊張します。



無事取り付け終わったらCCPUグリスを塗布しますが。「怪しいラーメン屋の店主」風のオーバークロッカー推奨のグリスを使用してみました。



このグリスは初めて使いますが、グリスがちょっと塗りにくいですね。伸びが悪いですが、冷却効果は折り紙付きです。

クーラーはSCYTHE製「大手裏剣参」のものを使用しますが、初めてバックプレートで固定するタイプを使用しました。今まではプッシュピンタイプのものを使用していたので、取り付けが楽になりました。



あとはメモリを取り付け、配線をしてケースに収め、ビデオカードを取り付けて組替え完了です。

電源を入れてみると無事起動し、BIOSで各パーツが認識していることを確認しました。

そしてOSをインストールして色々試してみました。

まずは定番のベンチマークソフト「CINEBENCH R20」を回してみると2000超えの結果が!
「Core i5 3550」では1000程度だったので、倍以上の改善です。

MINECRAFTの動作も村人を増やしまくってもカクつくことはなくなりました。



とりあえずこれでPC環境が最新に変わったので、しばらくはこれで行こうと思います。
やはりPCの組み立ては面白いですね。電源が入った瞬間はなんとも言えない達成感があります。

今回のトータルコストは65,000円以下とちょっと高めですが、満足感は十分得られましたので良しとします。

拍手[0回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
前回の更新からだいぶ間が空いてますな・・・。
まぁ、個人的に色々あったと言い訳をしておいて久々に更新してみます(ぁ)

タイトルのとおりですが、使っている方をあまり見ないであろうカートリッジを購入してみました。



上の写真だけではあまり良くわかりませんね(汗)

購入したものはハイエンドターンテーブルで有名なドイツの「Clearaudio」社、「Concept MM V2」です。

https://www.yoshinotrading.jp/clearaudio-page/concept-mm-v2/

一応MM型なのですが、カンチレバーが本体と一体型となっているため、うっかりカンチレバーを折ろうものなら本体まるごと交換となってしまいます。



個人的意見ですが、カートリッジ、特にスタイラスモジュールが分離できるタイプのMM型はモジュールと本体にごく僅かなガタがあり、これが音に影響が出ると感じています。

実際にモジュールと本体をテープなどで固定すると、だいぶ印象が変わります。
NAGAOKAのMP-300やMP-500では本体とモジュールをねじで固定していたり、RegaのMM型では本体ではなく、スタイラスモジュールをヘッドシェルと固定させるという方式をとってガタを抑えています。
粘着力の弱いマスキングテープだと粘着痕もなく簡単にできますので、お試し程度にお試しくださいw



で、聴いてみた印象は全体的に明るめの音で、軽快に音楽を聴かせてくれます。
MM型でまれにある高域のきつさなどはあまりないので、うまくまとまった印象ですね。

一方で気になることと言えば低音がやや軽く、艶っぽさも薄い印象です。
スタイラスチップは接合針のためか、若干の粗さも感じられます。

そういった意味では好みが分かれるかもしれませんが、気張って音楽を聴くスタイルではなく、気軽に音楽を楽しむスタイルに向くと思います。

カンチレバーがむき出しなので扱いに神経を使いますが、低価格カートリッジからのアップグレードにはいい選択かもしれません。

最後に、このカートリッジはショップで購入したんですが、針先の写真が品物と一緒に取扱元から送られてきたそうです。
実際にその写真をもらいましたが、どうやらカートリッジの針先に関するトラブル防止のためらしいです。



こういったことは初めてだったのでちょっとびっくりしましたが、取扱元の保証がきっちりしているのかなと思った瞬間でした。


ps. 予定ですが、GWの連休前にもう1本カートリッジを購入予定です。
私のアナログの師匠も絶賛の一品なので、楽しみです。

拍手[0回]

entry_bottom_w.png
次のページ >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
plugin_top_w.png
今までのお客様
名様
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
プロフィール
管理人:
不知火もなれ
お知らせ:
お世話になります、不知火もなれでございますw
サウンドポリシーは「繊細でやわらかで、綺麗な高域」を求めつつ、自分で作れるものは自分で作るをモットーにオーディオやってます(ぉ)
また最近は作曲熱も復活しつつあるので、Singer Song Writer Lite 9で曲を作ってたりします。
さらにMINECRAFTでむらづくりに励んでいますので、その様子も報告できたらと思います。
以上簡単ですが、よろしくお願いいたします。
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
最新コメント
[04/21 不知火もなれ]
[04/21 ggy]
[04/21 不知火もなれ]
[04/20 ggy]
[09/05 不知火もなれ]
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
リンク

【BLADE-ARCHIVE】
 いつもお世話になっておりますw
【”いっき”のJAZZあれこれブログ】
 JAZZやアナログに関して多く掲載されています。

【Technics】
 奇蹟の復活を果たしたオーディオブランド。
【ELAC(本国)】
 高域の透明感が最強のスピーカー専業メーカー。
【YUKIMU】
 「ELAC」の国内取扱元。対応が親切な業者さん。
【LUXMAN】
 現用アンプのメーカー。どんな古い機種でも修理してくれる。
【YAMAHA】
 着実にオーディオ熱が復活しているメーカー。
【mogami】
 ズバッと物事が言える奇跡のケーブルメーカー!
【CANARE】
 プロフェッショナル御用達のケーブルメーカー。
【audio-technica】
 「VM型カートリッジ」の老舗。価格上昇が止まらない。
【SHURE】
 「MM型カートリッジ」の元祖。今はヘッドフォンも展開。
【ortofon】
 今でもたくさんのカートリッジを作っている老舗。HPの更新が遅い。


【のだや】
 よく行くオーディオショップ。

plugin_bottom_w.png
Copyright なにかあるかも? by 不知火もなれ All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]