忍者ブログ

なにもないもの

趣味のこと、世の中のこと、ネットのことなど、いろいろ思うことを綴ります。

entry_top_w.png
いやいや、やり過ぎました(汗)
「MINECRAFT」で村人増殖を放っておいたら画像のように増えすぎてしまいました(大汗)
村人だけじゃなくて、アイアンゴーレムも10体以上になってお祭り騒ぎですww



で、今日は「MINECRAFT」のお話じゃなくて、カートリッジのお話です(ぉ)

日本のカートリッジの老舗ブランドである「audio-technica」のVM型カートリッジはスタイラスノブ(交換針)をお腹のところからカポッとはめ込むタイプなのですが、これが経年の劣化でガタついてくるのです(汗)



上の写真は私のお気に入り「AT15Ea/G」に「JELCO HS-25」を組み合わせたものなのですが、どうも最近歪っぽく感じるのです(汗)

そこで、とある雑誌で読んだ「交換針のモジュールと本体を固定すると音が良くなる」というのを思い出してトライしてみました!



スタイラスノブとヘッドシェルをマスキングテープでグルグル巻にして拘束! まるでSMですwww

この状態でレコードを再生してみると、なんということでしょう。
今まで歪っぽいと感じていた音が綺麗になったではありませんか!

でもテープだと、そのうち緩んで来ちゃいそうなので、何かガッチリ固定できて取り外しが簡単なものが良さそうですね。あと重さが軽いものだと更に良さそうですw
あとは跳ね上げ式の針先ガードを取り外すか、これも固定するかで更に音が良くなりそうな予感です。



これを体験してみると、今後audio-technicaのVMカートリッジのスタイラスノブを固定せずにはいられなくなりそうですw

ちょっとのことかもしれませんが、簡単にできるので、試してみると面白いと思います。
気に入らなければ剥がせばいいだけですから、後始末も簡単です。

以上、お金を使わずオーディオ的に楽しむイベントでした(ぉ)

拍手[0回]

PR
entry_bottom_w.png
この記事にコメントする
お名前 
タイトル 
メールアドレス 
URL 
コメント 
パスワード 
plugin_top_w.png
今までのお客様
名様
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
プロフィール
管理人:
不知火もなれ
お知らせ:
お世話になります、不知火もなれでございますw
サウンドポリシーは「繊細でやわらかで、綺麗な高域」を求めつつ、自分で作れるものは自分で作るをモットーにオーディオやってます(ぉ)
また最近は作曲熱も復活しつつあるので、Singer Song Writer Lite 9で曲を作ってたりします。
さらにMINECRAFTでむらづくりに励んでいますので、その様子も報告できたらと思います。
以上簡単ですが、よろしくお願いいたします。
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
最新コメント
[04/21 不知火もなれ]
[04/21 ggy]
[04/21 不知火もなれ]
[04/20 ggy]
[09/05 不知火もなれ]
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
リンク

【BLADE-ARCHIVE】
 いつもお世話になっておりますw
【”いっき”のJAZZあれこれブログ】
 JAZZやアナログに関して多く掲載されています。

【Technics】
 奇蹟の復活を果たしたオーディオブランド。
【ELAC(本国)】
 高域の透明感が最強のスピーカー専業メーカー。
【YUKIMU】
 「ELAC」の国内取扱元。対応が親切な業者さん。
【LUXMAN】
 現用アンプのメーカー。どんな古い機種でも修理してくれる。
【YAMAHA】
 着実にオーディオ熱が復活しているメーカー。
【mogami】
 ズバッと物事が言える奇跡のケーブルメーカー!
【CANARE】
 プロフェッショナル御用達のケーブルメーカー。
【audio-technica】
 「VM型カートリッジ」の老舗。価格上昇が止まらない。
【SHURE】
 「MM型カートリッジ」の元祖。今はヘッドフォンも展開。
【ortofon】
 今でもたくさんのカートリッジを作っている老舗。HPの更新が遅い。


【のだや】
 よく行くオーディオショップ。

plugin_bottom_w.png
Copyright なにもないもの by 不知火もなれ All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]