忍者ブログ

なにもないもの

趣味のこと、世の中のこと、ネットのことなど、いろいろ思うことを綴ります。

entry_top_w.png
先日、「MINECRAFT」プレイ史上初めて「スケさん」スポナーを発見しました!!

で、早速「水流式・上げて落としてガシャーントラップ(意味不明)」を製作しまして、経験値と骨と矢が取り放題な状態ですw


いや、今日は「MINECRAFT」ではなく、ケーブルの製作記ですw
それではは材料と工具類を見てみましょう。

材料は前回ご紹介した通りのものに、ハンダを「日本スペリア」のものを用意しました。
といいますか、これが私の常用ハンダです。




工具は
 ・ハンダゴテ(+クリーナースポンジ)
 ・ペンチ
 ・ワイヤーストリッパー(あると非常に便利)
 ・ニッパー
 ・ライター(認識チューブ収縮用)
 ・スケール
 ・カッター
です。これにミニバイスがあるとさらにナイスですが、行方不明なため、今回はなしでトライです(汗)

今回は片側のシールドを落とした使用のケーブルを作るため、送り出し側からとりかかります。



上の写真のように、青い芯線剥いて一つにまとめます。これが「+」になります。
そして透明の芯線を剥いて、シールド線(裸線)とまとめます。これは「-」になります。

とりあえず使うプラグによってストリップ長が違ってきますので、その辺は臨機応変で対応してくださいw これに予備ハンダをしておいて、「-」の線をはんだづけしやすい長さにカットします。

そしてハンダ付けを行います。この時のコツとしては、「-」「+」の順でハンダ付けを行うことです。
終わったらもう1本のケーブルも同じように処理しておきます。



ハンダ付けが終わったらそのままハウジング(プラグを持つ銀色のところ)を取り付けてもいいのですが、「L、R」の識別ができるように、下の写真のように赤白の識別チューブをかぶせると「L,R」の判別がしやすくなります。



下の写真はハウジングを取り付けたものです。
これで送り出し側は完成です!



そして忘れてはいけないことですが、もう片方のハウジングとチューブを予め下の写真のように取り付けておきます。
これを忘れると悲惨なことになりますので、必ず忘れないようにしましょうw
私も過去に何度かやらかしています(爆)




次にもう片方の処理に入ります。
もう片方はシールド線を接続しないので、下の写真のように切り落とします。

 

うまく切り落とせたら下の写真のように予備ハンダをして、プラグにハンダ付けしていきます。



ハンダ付けができたら後は同じ要領でチューブを被せて、ハウジングを取り付ければ完成です。



私のケーブル製作のポリシーとして、左右の長さの誤差は「±3mm以内」に収めています。
今回製作したものは、見事に左右の誤差なく出来上がりました。

後は実際に機器に接続して音出しをしてもいいですが、テスターで同じ極性に導通があるか、異なる極性で導通がないかを確認しておくと更にナイスですw

ちなみにこのケーブルの材料費は送料とか諸々込みで1500円もかかっていません。自分で買いに行ければもっと安く済ませることができるでしょう。
非常に安価にしかもそれなりの音のケーブルが出来上がりますので、興味のある方は一度トライしてみるといいと思います。


ps.ハンダゴテは小手先をこまめにクリーニングしましょう。これも綺麗にハンダ付けするためのコツだったりします。

拍手[0回]

PR
entry_bottom_w.png
この記事にコメントする
お名前 
タイトル 
メールアドレス 
URL 
コメント 
パスワード 
plugin_top_w.png
今までのお客様
名様
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
プロフィール
管理人:
不知火もなれ
お知らせ:
お世話になります、不知火もなれでございますw
サウンドポリシーは「繊細でやわらかで、綺麗な高域」を求めつつ、自分で作れるものは自分で作るをモットーにオーディオやってます(ぉ)
また最近は作曲熱も復活しつつあるので、Singer Song Writer Lite 9で曲を作ってたりします。
さらにMINECRAFTでむらづくりに励んでいますので、その様子も報告できたらと思います。
以上簡単ですが、よろしくお願いいたします。
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
最新コメント
[04/21 不知火もなれ]
[04/21 ggy]
[04/21 不知火もなれ]
[04/20 ggy]
[09/05 不知火もなれ]
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
リンク

【BLADE-ARCHIVE】
 いつもお世話になっておりますw
【”いっき”のJAZZあれこれブログ】
 JAZZやアナログに関して多く掲載されています。

【Technics】
 奇蹟の復活を果たしたオーディオブランド。
【ELAC(本国)】
 高域の透明感が最強のスピーカー専業メーカー。
【YUKIMU】
 「ELAC」の国内取扱元。対応が親切な業者さん。
【LUXMAN】
 現用アンプのメーカー。どんな古い機種でも修理してくれる。
【YAMAHA】
 着実にオーディオ熱が復活しているメーカー。
【mogami】
 ズバッと物事が言える奇跡のケーブルメーカー!
【CANARE】
 プロフェッショナル御用達のケーブルメーカー。
【audio-technica】
 「VM型カートリッジ」の老舗。価格上昇が止まらない。
【SHURE】
 「MM型カートリッジ」の元祖。今はヘッドフォンも展開。
【ortofon】
 今でもたくさんのカートリッジを作っている老舗。HPの更新が遅い。


【のだや】
 よく行くオーディオショップ。

plugin_bottom_w.png
Copyright なにもないもの by 不知火もなれ All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]