忍者ブログ

なにもないもの

趣味のこと、世の中のこと、ネットのことなど、いろいろ思うことを綴ります。

entry_top_w.png
「ortofon」というと、「SPU」という「メスのカブトムシ」がアームの先端に付いているかのようなインパクト絶大な外観を持つカートリッジで有名ですが(ぇ)、意外とMM型カートリッジのラインアップも豊富だったりしますw

現行MM型のラインナップの半分以上はDJカートリッジなのですが、そのDJカートリッジの原器が「Concorde 10」「Concorde 20」「Concorde 30」「Concorde STD」であります!

このカートリッジはヘッドシェル一体型なのに重量が「6.5g」というとんでもなく軽いカートリッジで、使えるアームも限定されてしまいます。
私もちょっと前に「Concorde 30」を使ったことがありますが、バランスが取れず、カートリッジにおもりを付けて強引にバランスを取って使ったことが有ります(汗)

そんな使いづらいカートリッジの中で、唯一スタンダードな重さだったのが「Concorde STD」です。そりゃあ型番でスタンダードと言ってますからねww

【ortofon / Concorde STD】
 http://20cheaddatebase.web.fc2.com/needie/NDOrtofon/ConnordeSTD.html



針圧も「2.0g」、出力電圧も「5mV」、負荷抵抗も「47kΩ」と、何もかもがスタンダードですw

音の方もさぞ癖のないスタンダードなのかな?と思いきや、意外と低音がドッシリしています。いわゆる「ピラミッドバランス」的な音です。シュッとした見た目からは想像ができないですねw 軽めの音がするディスクや、高域がきつい録音のディスクを再生するときにはちょうどいいカートリッジだったりしますw


話はそれますが、この「Concorde STD」は現行のDJカートリッジ「Concorde Pro」と瓜二つですw

【Concorde Pro】
 http://www.ortofon.jp/product/dj/index.html(DJカートリッジラインナップ)
 http://www.ortofon.jp/product/dj/cc_pro.html(画像)

細かく見れば違いがわかりますが、パッと見ではわかりません(汗) スタイラスモジュールの先端が「STD」では割れていない、サイドに「STD」の刻印があるなどの違いです。

この違いはテストに出るので、覚えておくように!(え)





個人的にはかなりお気に入りの1本なので、これからも使っていきたいのですが、問題は交換針ですよね(汗) 一応代替の針はあるのですが、中古でもう1本持っておこうかな?


ps.「Concorde 10、20、30」には「LM」タイプ(今で言う「OM」タイプ)という通常のヘッドシェルにマウントできるモデルが有るのですが、「STD」にはありません(謎)

拍手[1回]

PR
entry_bottom_w.png
この記事にコメントする
お名前 
タイトル 
メールアドレス 
URL 
コメント 
パスワード 
plugin_top_w.png
今までのお客様
名様
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
プロフィール
管理人:
不知火もなれ
お知らせ:
お世話になります、不知火もなれでございますw
サウンドポリシーは「繊細でやわらかで、綺麗な高域」を求めつつ、自分で作れるものは自分で作るをモットーにオーディオやってます(ぉ)
また最近は作曲熱も復活しつつあるので、Singer Song Writer Lite 9で曲を作ってたりします。
さらにMINECRAFTでむらづくりに励んでいますので、その様子も報告できたらと思います。
以上簡単ですが、よろしくお願いいたします。
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
最新コメント
[04/21 不知火もなれ]
[04/21 ggy]
[04/21 不知火もなれ]
[04/20 ggy]
[09/05 不知火もなれ]
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
リンク

【BLADE-ARCHIVE】
 いつもお世話になっておりますw
【”いっき”のJAZZあれこれブログ】
 JAZZやアナログに関して多く掲載されています。

【Technics】
 奇蹟の復活を果たしたオーディオブランド。
【ELAC(本国)】
 高域の透明感が最強のスピーカー専業メーカー。
【YUKIMU】
 「ELAC」の国内取扱元。対応が親切な業者さん。
【LUXMAN】
 現用アンプのメーカー。どんな古い機種でも修理してくれる。
【YAMAHA】
 着実にオーディオ熱が復活しているメーカー。
【mogami】
 ズバッと物事が言える奇跡のケーブルメーカー!
【CANARE】
 プロフェッショナル御用達のケーブルメーカー。
【audio-technica】
 「VM型カートリッジ」の老舗。価格上昇が止まらない。
【SHURE】
 「MM型カートリッジ」の元祖。今はヘッドフォンも展開。
【ortofon】
 今でもたくさんのカートリッジを作っている老舗。HPの更新が遅い。


【のだや】
 よく行くオーディオショップ。

plugin_bottom_w.png
Copyright なにもないもの by 不知火もなれ All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]