忍者ブログ

なにもないもの

趣味のこと、世の中のこと、ネットのことなど、いろいろ思うことを綴ります。

entry_top_w.png
なんと言いますか、突然の衝動とは怖いもので、自分にとってはかなりお高いカートリッジを購入してしまいました(汗)

購入したカートリッジは題名の通り、「NAGAOKA MP-300」です。
私の購入したものはヘッドシェルの付属しないタイプなので、追加で「ortofon」のヘッドシェルもお買い上げです。



早速開梱してヘッドシェルにマウントしようとしたところ、スタイラスカバーを持った瞬間に「パキッ」と折れましたorz
そんなに力を入れていないのに、割れるなんて・・・orz



仕方がないので、購入元に連絡したら交換の運びになりました(汗)
新しいものと交換して開梱しますが、今度はスタイラスガードは持っただけでは割れませんでしたw
・・・と言いますか、これが当たり前なんですけどね。

で、下の写真はヘッドシェルにマウントしたところです。



金ピカのボディが派手ですが、シルバーのシェルにマウントすると、さほど派手さは感じませんw

ところで、このカートリッジには特徴的なところがありまして、それはスタイラスモジュールがネジで固定できるという点です。

これは私が前々から気になっていた点でして、特に「audio-technica」のVM型カートリッジではカートリッジ本体とスタイラスモジュールにガタが出やすいです(汗)

それを克服するにはスタイラスモジュールと本体を固定することが一番なのですが、このカートリッジではネジで固定するので、ガタは極小ですw



とりあえず基本的な調整をして再生してみました。



一番初めにかけてみたのは「けいおん!!」の「No,Thank You !」ですが、中~高域のあたりがパワフルです。
ヘッドフォンで試聴したのですが、スネアのアタックがやや痛いですw

でもいま所有しているどのカートリッジよりクリアで、歪っぽさもないです。


別の日に「THE SQUARE」の「TRUTH」を試してみましたが、これはハマりましたw
リリコンの音色がブリブリいってますww
またこの曲は内周側にあるので、一歩間違うと歪の嵐になりがちですが、このカートリッジはする~っとトレースします。


今度は「南こうせつ」の「夢一夜」を聴いてみますが、これはちょっと苦手かもしれません。
曲の持つ艶っぽさが少ししか感じられず、惜しいですね~(汗)
これは「GRADO」のカートリッジが得意なジャンルなので、この場は譲りましょうw


というわけで、簡単に聴いてみた感じですが、ややジャンルを選ぶ傾向があるのかもしれません。

巷では上級機の「MP-500」が最強ということもあって「MP-300」は一歩譲る形になりますが、それでもこのノイズ感のないクリアな音は良いと思います。

まぁ艶っぽさなどはヘッドシェルとかシェルリードで追い込むとしましょうw


叶うなら「AT15Ea」の後継者にしたかったのですが、「MP-300」は別の傾向になってしまいました。
後継者探しの旅はまだまだ続きそうです・・・。


ps.今度はMC型を入れてみようと、フォノケーブルの製作と、ヘッドアンプ選びを密かに始めていたりします(ぉ)

拍手[0回]

PR
entry_bottom_w.png
この記事にコメントする
お名前 
タイトル 
メールアドレス 
URL 
コメント 
パスワード 
plugin_top_w.png
今までのお客様
名様
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
プロフィール
管理人:
不知火もなれ
お知らせ:
お世話になります、不知火もなれでございますw
サウンドポリシーは「繊細でやわらかで、綺麗な高域」を求めつつ、自分で作れるものは自分で作るをモットーにオーディオやってます(ぉ)
また最近は作曲熱も復活しつつあるので、Singer Song Writer Lite 9で曲を作ってたりします。
さらにMINECRAFTでむらづくりに励んでいますので、その様子も報告できたらと思います。
以上簡単ですが、よろしくお願いいたします。
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
最新コメント
[04/21 不知火もなれ]
[04/21 ggy]
[04/21 不知火もなれ]
[04/20 ggy]
[09/05 不知火もなれ]
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
リンク

【BLADE-ARCHIVE】
 いつもお世話になっておりますw
【”いっき”のJAZZあれこれブログ】
 JAZZやアナログに関して多く掲載されています。

【Technics】
 奇蹟の復活を果たしたオーディオブランド。
【ELAC(本国)】
 高域の透明感が最強のスピーカー専業メーカー。
【YUKIMU】
 「ELAC」の国内取扱元。対応が親切な業者さん。
【LUXMAN】
 現用アンプのメーカー。どんな古い機種でも修理してくれる。
【YAMAHA】
 着実にオーディオ熱が復活しているメーカー。
【mogami】
 ズバッと物事が言える奇跡のケーブルメーカー!
【CANARE】
 プロフェッショナル御用達のケーブルメーカー。
【audio-technica】
 「VM型カートリッジ」の老舗。価格上昇が止まらない。
【SHURE】
 「MM型カートリッジ」の元祖。今はヘッドフォンも展開。
【ortofon】
 今でもたくさんのカートリッジを作っている老舗。HPの更新が遅い。


【のだや】
 よく行くオーディオショップ。

plugin_bottom_w.png
Copyright なにもないもの by 不知火もなれ All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]