忍者ブログ

なにもないもの

趣味のこと、世の中のこと、ネットのことなど、いろいろ思うことを綴ります。

entry_top_w.png
前回は材料編でしたが、今日は製作編でお送りしますw

まずは「DINコネクタ」側からハンダ付けしています。
その時に、写真のようなミニバイスがあると非常に便利です。100円ショップに行けば多分置いてあると思います。



ちなみに端子の配置ですが、幸いにもコネクタに刻印があったのでそれを参考にします。
今回使った「2473」という線材は被覆がPVCなので、熱に弱く、素早く正確なハンダ付け作業が求められます。また端子間のピッチが狭いので、ハンダ付けはかなりのテクが必要になります(汗)

無事にハンダ付けを終えたら、収縮チューブなどでハンダ付けした部分を保護します。これも非常に細かく面倒な作業なので、それなりのテクが必要です(汗)



「DINコネクタ」のハンダ、絶縁処理が終わったら今度は「RCAコネクタ」のハンダ付けに入ります。
これは特に難しくありませんが、やはりハンダ付けをゆっくりやっていると、熱で被覆が融解しますので、これも「素早く正確に」の精神が必要ですw

アース線に関しては端末処理を電工用の棒端子にしてあります。
うちのアンプにはこの端子がちょうど合うのですw



そして出来上がったものが下の写真になりますw



作業時間は初めての材料ということもあり、1時間ほどかかってしまいました(汗)
それぞれの端子に導通があるか、異なる端子で導通がないかをチェックしてアームに取り付けてみます。


こんな感じになりますw

アーム側とのコンタクトも問題なさそうなので、いよいよ試聴します!



カートリッジを取り付けて異常な雑音がないことが確認できたので、再生してみます。
無事に左右の音が逆転することなく再生できたので、これで完成ですww

とりあえず問題なさそうなので、しばらくはこのケーブルでアナログ生活を送ってみようと思います。試聴の感想などは後日ということで(ぇ)

拍手[0回]

PR
entry_bottom_w.png
この記事にコメントする
お名前 
タイトル 
メールアドレス 
URL 
コメント 
パスワード 
plugin_top_w.png
今までのお客様
名様
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
プロフィール
管理人:
不知火もなれ
お知らせ:
お世話になります、不知火もなれでございますw
サウンドポリシーは「繊細でやわらかで、綺麗な高域」を求めつつ、自分で作れるものは自分で作るをモットーにオーディオやってます(ぉ)
また最近は作曲熱も復活しつつあるので、Singer Song Writer Lite 9で曲を作ってたりします。
さらにMINECRAFTでむらづくりに励んでいますので、その様子も報告できたらと思います。
以上簡単ですが、よろしくお願いいたします。
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
最新コメント
[04/21 不知火もなれ]
[04/21 ggy]
[04/21 不知火もなれ]
[04/20 ggy]
[09/05 不知火もなれ]
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
リンク

【BLADE-ARCHIVE】
 いつもお世話になっておりますw
【”いっき”のJAZZあれこれブログ】
 JAZZやアナログに関して多く掲載されています。

【Technics】
 奇蹟の復活を果たしたオーディオブランド。
【ELAC(本国)】
 高域の透明感が最強のスピーカー専業メーカー。
【YUKIMU】
 「ELAC」の国内取扱元。対応が親切な業者さん。
【LUXMAN】
 現用アンプのメーカー。どんな古い機種でも修理してくれる。
【YAMAHA】
 着実にオーディオ熱が復活しているメーカー。
【mogami】
 ズバッと物事が言える奇跡のケーブルメーカー!
【CANARE】
 プロフェッショナル御用達のケーブルメーカー。
【audio-technica】
 「VM型カートリッジ」の老舗。価格上昇が止まらない。
【SHURE】
 「MM型カートリッジ」の元祖。今はヘッドフォンも展開。
【ortofon】
 今でもたくさんのカートリッジを作っている老舗。HPの更新が遅い。


【のだや】
 よく行くオーディオショップ。

plugin_bottom_w.png
Copyright なにもないもの by 不知火もなれ All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]